ページの先頭です

ヘッダーの始まりです

シティアスコム

メニュー

本文の始まりです

リクルーティング2016

仲間や先輩に支えられめざすはプロジェクトリーダー

鹿児島大学 工学部
情報生体システム工学科
2013年4月入社 流通製造開発部 SE

東中 陽平

東中さん

先輩の声

周囲の意見に耳を傾け自分の適性を客観的に分析

故郷を出て就職するのが希望だったものの東京・大阪へ行く気はなく、それなら九州の最大都市・福岡で仕事をしようと思い、就職活動を進めました。
最初は医療機器の営業職を志望していましたが、自分の適性にギャップを感じ、友人たちに相談しました。するといろいろなやりとりを通して適性が明らかになり、関心が高まったのがSEの仕事です。

友人たちのこのアドバイスはとてもありがたかった。自分で思っている姿と、人から見える自分の姿には違いがあるものですね。弊社に関して言えば、学生として外から見ていた姿と、入社して働いてみた実感の間にギャップはほとんどありません。あらためて信頼できる会社だなと感じています。

先輩の声

数々のプロジェクトを通して自己のスキルを磨く仕事

入社して約2年間で、短期・長期あわせて8つのプロジェクトに携わりました。販売管理や予約管理システム、また公共施設で来場者がスマートフォンにダウンロードして利用するアプリケーションソフトなど、さまざまなプロジェクトを経験し、現在はレストランや製造業など流通分野向け基幹システムの設計・開発・試験を手がけています。

1年前からはお客さまのところへも出向くようになり、お客さまの視点や存在を強く意識するようになりました。机上でシステムを開発するだけではなく、お客さまのニーズを十分に聴き出し、それをいかに満足して頂けるものとして形にするかを考え、現実化するのが、自分の仕事だと気づくことができました。

先輩の声

100%の取り組み姿勢が後悔のない人生につながる

一緒に考え、悩み、導いてくれる先輩や、私が作ったシステムで仕事をして下さるお客さまの存在を、ありがたいと感じています。しっかり力をつけ、私もいつか、メンバーやお客さまに信頼されるプロジェクトリーダーになりたいですね。

これから社会に出る皆さんには、後悔しない仕事選びをして欲しい。いろんな人と話すことで情報を得て、丁寧に自分をふり返りながら就職活動を進めて下さい。

また社会に出て時間の大切さを痛感します。時間厳守はもちろん、ONとOFFの切り替えが大切。思考や行動のメリハリが、高いモチベーションにつながります。何より「笑顔」を忘れずに。これらはすべて私自身が日々心がけていることでもあります。

本文の終わりです


ページトップへ
topへ戻る