ページの先頭です

ヘッダーの始まりです

シティアスコム

メニュー

本文の始まりです

リクルーティング2016

自分の未来に伸びる芽を摘むのも、育てるのも、自分次第

北九州市立大学 外国語学部 英米学科
情報生体システム工学科
2013年4月入社 金融開発部 SE

高田 ひかり

高田さん

先輩の声

叱ってくれる会社には見守り、育む風土があった

私は自分が何の仕事に向いているのかわからず、とにかくいろいろな業界を見ようと就職活動を進めました。一方で兄の「どこに入るかではなく、入った先で何をするかが大事」という言葉を念頭に置き、新人を見守り、育む風土がある会社を慎重に探しました。

入社の決め手になったのは、採用試験で行われたグループワークです。一般にこうした場では、成果報告に対して耳触りのよい言葉で褒められることはあっても、叱責されることなどありません。しかし人事担当部長は、私たちグループの拙い報告を明快に叱ってくれました。
叱られたことで、ここは信用できる会社だ、ここなら私は成長できると直感し、入社することにしたのです。

先輩の声

慣れない言葉に悩んだ日々も今につながる、成長の通過点

文系学部出身の私にとって、新人研修はとてもハードでした。ちんぷんかんぷんの言葉が飛び交い「アルゴリズム」と聞いただけでアレルギーになりそうでした。それでもSEに向かないとは思わず、誰かがやっているのなら私にもできるはずと信じて学び続けました。

この約2年間、まわりの先輩を目標にしながら無我夢中で仕事に取り組みました。現在はリース会社向け業務システムの運用と保守を担当しています。

最初にお客さまを訪問した頃は何ひとつ質問に答えられず、同行した上司に頼りっぱなしで悔しい思いをしました。しかし今では一人で出向き、お客さまの質問にも対応しながら、気さくに声をかけて頂けるようになりました。

先輩の声

次代のレジェンドを目指して自分の仕事スタイルを確立する

同期に比べ、技術の知識や理解に大きな遅れを取っていましたが、小さな成功を積み重ねながら今までやってきました。

レジェンド(伝説)と語り継がれる女性の先輩がいます。残念ながら結婚退社されましたが、その先輩も文系学部出身だったとか。おそらく入社当時は私と同じく慣れない言葉や考え方に苦労されたと思います。しかしたゆまぬ努力で、社内外から厚い信頼を寄せられ、独自の仕事スタイルで颯爽と仕事をされていました。

私も先輩のように、信頼され、自立した仕事人になりたいと思っています。平日は仕事に集中し、退社後と休日はプライベートを存分に楽しむ。メリハリのある毎日で、自分らしさを確立していきたいですね。

本文の終わりです


ページトップへ
topへ戻る